2007年05月26日

PHP IF文 switch文 for文 while文 foreach文

仕事では主にVBを使っているのでPHPと混同したり忘れたりするのでメモ

今回は制御文について

・IF文
if(条件A){
条件AがTRUEの場合の処理・・・
}

if(条件A){
条件AがTRUEの場合の処理・・・
}else{
条件AがFALSEの場合の処理・・・
}

if(条件A){
条件AがTRUEの場合の処理・・・
}elseif(条件B){
条件BがTRUEの場合の処理・・・
}else{
条件A,BがFALSEの場合の処理・・・
}

「変数aが10」のときを判断したい場合は
「$a==10」と表記する。

意外にも間違やすいので注意している。

否定の場合は

if(!$a){
$b=10
}

などとする。



・switch文
switch(条件A){
case 10:
条件Aが10の場合の処理
case 20:
条件Aが20の場合の処理
break;
default:
上記に該当しない場合の処理

}

break文を入れないと、条件Aが20の場合
case 10 での処理と case 20 での処理を行う事になる。

個別に処理を行いたい場合はbreak文は必須。


・for文
for($i = 0;$i > 10; $i++){
処理・・・
}

上記の例だと変数iに0を入れて10を超えたらループを抜ける。
「$i++」でループするたびにiが1づつ増える。

・while文
$i = 0;
while($i > 10){
処理・・・
$i++;
}

上記の例だと$iが10を超えるまで処理を続ける。
条件判定をしてから処理を行う。

処理を行ってから条件判定をしたい場合は

do{
処理・・・
$i++;
}while($i > 10);

となる。

・foreach文

$arr = array(10,20,30,40);
foreach($arr as $val){
echo $val;
}

まず$arrに配列を格納。
配列の要素の数だけループする。
ループするたびに$valに$arrの値が入る。
$valの値は1回目のループで10、2回目のループで20・・・
となる。

要素のキーも取得したい場合は

$arr = array(10,20,30,40);
foreach($arr as $key=>$val){
echo "$key : $val \n";
}

などとする。
実行結果はこんな感じ

---------
0:10
1:20
2:30
3:40
---------





今はこれだけ
そのうち補足、追記します。
ラベル:制御文 PHP
【関連する記事】
posted by のびた at 15:48| Comment(0) | TrackBack(3) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

女性は神様です
Excerpt: 色々なプレイを楽しんだあげくに報酬が貰える、もういうことなしです。。。。
Weblog: わいせつ先生
Tracked: 2007-05-27 06:21

逆のダッチ人形!
Excerpt: 色々と命令されて人形みたいに扱われるバイトを発見した!ヤバい(笑)
Weblog: NYようすけ
Tracked: 2007-06-01 12:40

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-03 23:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。