2007年05月26日

PHP IF文 switch文 for文 while文 foreach文

仕事では主にVBを使っているのでPHPと混同したり忘れたりするのでメモ

今回は制御文について

・IF文
if(条件A){
条件AがTRUEの場合の処理・・・
}

if(条件A){
条件AがTRUEの場合の処理・・・
}else{
条件AがFALSEの場合の処理・・・
}

if(条件A){
条件AがTRUEの場合の処理・・・
}elseif(条件B){
条件BがTRUEの場合の処理・・・
}else{
条件A,BがFALSEの場合の処理・・・
}

「変数aが10」のときを判断したい場合は
「$a==10」と表記する。

意外にも間違やすいので注意している。

否定の場合は

if(!$a){
$b=10
}

などとする。



・switch文
switch(条件A){
case 10:
条件Aが10の場合の処理
case 20:
条件Aが20の場合の処理
break;
default:
上記に該当しない場合の処理

}

break文を入れないと、条件Aが20の場合
case 10 での処理と case 20 での処理を行う事になる。

個別に処理を行いたい場合はbreak文は必須。


・for文
for($i = 0;$i > 10; $i++){
処理・・・
}

上記の例だと変数iに0を入れて10を超えたらループを抜ける。
「$i++」でループするたびにiが1づつ増える。

・while文
$i = 0;
while($i > 10){
処理・・・
$i++;
}

上記の例だと$iが10を超えるまで処理を続ける。
条件判定をしてから処理を行う。

処理を行ってから条件判定をしたい場合は

do{
処理・・・
$i++;
}while($i > 10);

となる。

・foreach文

$arr = array(10,20,30,40);
foreach($arr as $val){
echo $val;
}

まず$arrに配列を格納。
配列の要素の数だけループする。
ループするたびに$valに$arrの値が入る。
$valの値は1回目のループで10、2回目のループで20・・・
となる。

要素のキーも取得したい場合は

$arr = array(10,20,30,40);
foreach($arr as $key=>$val){
echo "$key : $val \n";
}

などとする。
実行結果はこんな感じ

---------
0:10
1:20
2:30
3:40
---------





今はこれだけ
そのうち補足、追記します。
ラベル:制御文 PHP
posted by のびた at 15:48| Comment(0) | TrackBack(3) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

PHPとは?

PHP(Hypertext Preprocessor)とはオープンソースのスクリプト言語です。
HTMLに組み込むことができ、WEBサイト作成に適しています。
似たような言語にASPやJSPなどがあります。

現在主に使われているのが2000年にリリースされたPHP4と
2004年にリリースされたPHP5の2つのVersionで、
PHP5からはオブジェクト指向的なプログラミングが可能となりました。

最新のVersionは以下にあります。
PHP本家:http://www.php.net/downloads.php
日本PHPユーザ会:http://www.php.gr.jp/
ラベル:PHP PEAR
posted by のびた at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。